• ホーム
  • レチンAクリームで起こり得る副作用

レチンAクリームで起こり得る副作用

手で顔を触る女性

ニキビ跡やシワの改善にも役立つといわれるレチンAクリームですが、これを病院ではなく個人輸入で入手したいと考えてる人もいるかもしれません。
その理由は、病院で診察を受けることが恥ずかしいと感じるからです。
もっと重篤な病気ならそういうわけにもいきませんが、にきび跡やシワ改善なら、個人輸入によって自分でレチンAクリームを買うことにより、自分で対処することができます。
しかし、レチンAクリームの副作用についてはあらかじめチェックしておかなければなりません。
レチンAクリームの場合、それほど強い副作用は出ないといわれていますが、それでも少なからず副作用として報告されている症状があります。
例えば、体重が増えること、食欲増進、便秘、調整機能低下、眠気などです。
さらに、ニキビの一時的な増殖、肌の腫れ、ひりひり感などが出ることもあります。
こうした症状は好転反応であるともいわれていますが、念のため用心しておきましょう。
さて、個人輸入でレチンAクリームを買う場合は、個人輸入のメリットとデメリットについても知っておくようにしてください。
メリットには、入手しづらい薬が自宅に居ながら買える、日本より安い価格で買える、消費税がかからない、為替レートの変動によってはさらに格安で買えるといったことがあります。
一方デメリットには、商品によっては検疫手数料がかかる、輸入税がかかる、実物をチェックできない、商品が届くまでに時間がかかる、送料が高いといったことが挙げられます。
現在、個人輸入を代行している業者はたくさんありますが、サービス内容や信頼性はどこも同じではありません。
個人輸入を利用するときは、必ず信頼できる代行業者から買うようにしましょう。

サイト内検索